住民の目線で、暮らしを変えよう  運営者 湯布院町 谷 千鶴                               このHP立ち上げのきっかけ       
53歳で習ったHP制作。管理しきれなくなってグチャグチャです。少しずつ修正します。ごめんなさい。
お知らせ & ひとりごと ブログの方をごらんください。(ブログの過去記事一覧

 

  ブログ開設♪
日々気付いたことは、ひとまずこちら
   
      ブログの過去記事一覧

NEW!!

NEW!!
2016/9/25 新聞折り込みしました
    表はこちら  裏はこちら

2015/9/13 新聞折り込みしました
  表はこちら  裏はこちら

市がひっそりと新庁舎のパブコメ。
「生活インフラ整備が先!」と意見を出しました。

ボートピアの社会的費用について、議会に陳情、市長に申入れ、しました。

2014年 @随意契約手続きとA議員の2親等内親族の請負について、陳情しました。 (Aは、市長にも )

9/10、議員さんに手紙を出しました。
水道料値上げ&子どもの学力♪

陳情は継続審査。
意見陳述はさせてもらえないまま……

6月議会に、「マイ停留所で高齢者も地域も元気になれるよう陳情」 を出しました♪

2014年3月 コミュニティバスのチラシ第15版を発行しました。
時刻表に載ってないマイ停留所を提案しました。
   ( 
 
表はこちら  裏はこちら )

★2014年2月末、議員さんに手紙を出しました
「挾間の水源探し」

「庁舎新築と上水道漏れ対策と、どっちが大切?」

★2014年1月
塚原共進会跡地のことで、メールしました

コミュニティバスのチラシ第13版を発行しました。

ボートピアのことで、教育委員さんに手紙をだしました。

  9月議会も「継続審査」
 総務委員会の賛成は西郡議員だけ……  

コミュニティバスのチラシ第10版を発行しました。

2013/3 誰もが利用できる公共交通について、議会に陳情しました

由布市の、合併前・合併後・決算の比較表をつくりました。


委託業務(満足度調査)について、住民監査請求の結果がでました

意見陳述会の議事録をUPしました

  お知らせ & ひとりごと(2011年ころ)

  私が参加・応援している市民活動
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NPOおおいた市民オンブズマン
全国市民オンブズマン連絡会事務局ブログ
教員採用不正の真相を追究し、秦聖一郎さんを支援する会
    会報 bS
   会報 bT
NPO成年後見・権利擁護大分ネット
NPO市民後見ささえあい
    → 
ブログ
NPO大分特別支援教育室フリーリー
ちょっとPR〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  仕事と暮らしの情報室
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
成年後見制度利用の支援
相続・遺言
老い支度
官公署の届出書類の作成支援


 
利用者の家の前まで送迎する予約制乗合タクシー。庄内町の龍原地区で実験が始まりました♪
 
往路400円、復路200円。「利用者はだいたい決まっているけど、利用回数が増えた」そうです。往復で200円UPですが、家の前まで送迎があるのは魅力なのでしょう。
 いろんな会合や市報でどんどんお知らせして、年度途中でも、希望する地区に試行を広げるようお願いしています。

 この機会に、以前からお願いしている現行の全てのユーバスで使える回数券を発行してほしい。地域の商店に委託販売し、お返しや記念品などにも使ってもらいましょう。福祉窓口で対象者に割引販売することもできます。


ユーバスは動く公共施設    外出は心のリハビリ

「ユーバス」とすれ違ったことがありますか? 路線バスやタクシーに小さなマグネットパネルを貼り付けただけじゃ「市のバスで、みんなが乗れる」なんて、いつまでたっても誰にもわからない。
← 画像をクリック、もう一回クリック
 「病院に行ったり買い物に行ったりする中で、友だちと会っておしゃべりしたり、季節の変化や町の様子に接することは、何よりも『心のリハビリ』になる。「足」が奪われたら家にこもるしかなくなってしまう。それは孤独な世界だ。
 福祉といえば「病院」や「介護施設」などのハコモノだけではない。公共交通は「動く公共施設」と考えるといい。いくら財政難だからといっても生存権にかかわることは削ってはいけない。
 たくさんの住民が利用しやすくなれば、体も心も元気になり、医療や介護の財政負担が減る。 地域でお金が回る。上手にやれば、これほど費用対効果の大きい事業はそうないだろうに‥‥。
 
   
市に提案したいこと・提案中 → ブログ

救急医療情報キット  

★小
学校を住民交流の拠点に ← 子どもは大人をみて育つ♪

★湯無田を文化・スポーツの高原に
  人工芝のコートは、365日、赤ちゃんからお年寄りまでやさしい。

★「地方自治は民主主義の学校」 

★「真の市民との協働」って?

★市役所にはびこる「要望がない=満足」という勘違い 

★地域医療充実が、まちづくり&行財政改革になる!

監査委員制度を納税者の手に


地域審議会&地域振興局

合併特例10年間の市の努力?

★片山総務大臣と「地域主権改革」

★ユーバス需要調査

★教育委員は市民から選挙で

★観光客に、使いやすい有料トイレをプレハブ工法

★2010/5/6 すぐやる課
夕張希望の杜  〜地域医療と住民自治の現場から

 日々の暮らしを“お役所任せ”にしてもなんとかなった経済成長期はとっくに終わった。合併のとき「意識改革!」と叫んでいた市長・議員・市役所の今は‥‥?? 
 でも、ホントは現状に満足できていない職員さんもいるはず。地域のために、やる気や経験を生かしたいと思っている住民もたくさんいるはず。
 地域でもしこんなことができたら‥‥って想像してみましょう。官民が、住民どうしが、いっしょに考え動いて実現できるって、わくわくしませんか?

 住民の目が役所に届いて、官民協働できれば、由布市の行政サービスは質も量も格段に上がるに違いない。そのためには、まず情報の共有から

地方自治法
第1条の2 
  地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本と   し……(略)
第2条14項 
 地方公共団体は、その事務を処理するにあたっては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない

 
★ ひとりでもできる地方自治参加
  情報公開請求
  陳情・請願 → 過去の陳情はこちら
  住民監査請求 → 過去の請求はこちら
 
H22年までの財政計画と実績を比較してみました
 ・合併前の新市まちづくり計画
 ・合併直後の行財政実施計画
 ・決算


H21年4月の由布市の給与格付を情報公開して、「わたり」の実態を、作表、分析しました。
職員の約6割が係長以上の処遇
   ヒラ職員は1割しかいない 
 
農業集落排水の決算審査意見

市に出したメール

ユーバス (コミュニティバス)

ボートピア

塚原共進会跡地

議会改革・政治倫理条例

住民監査請求・監査委員制度

契約・入札
入札契約情報を集中管理して見直し策を探ろう

市の人件費(住民サービスのコスト)

市役所の仕事&住民の福祉

地域自治の取り組み

行財政改革の先進地に学ぼう

地域医療(在宅医療・介護予防)

情報公開

防災無線談合 住民訴訟
画期的な地裁判決に市は控訴。「住民の福祉の増進」との関係は?

成年後見
 
市長との往復書簡
 「
住民の福祉の増進」とは?
(それなりに)実現できた提案
一緒に取り組んでくださった当事者・職員のみなさん、やりましたね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★防災無線保守の指名業者を見直して競争入札、約半額に
 →’09年度から毎年100万円を節約

★湯布院中学校 (’03年春)
  
体罰による指導の見直し

塚原・湯平スクールバス発足
 中学校が始発・到着に(  年)

★由小に町営の児童クラブ(  年)
  自主運営の「わんぱくクラブ」は解散しました

★ラグビー場を天然芝から人工芝に
 → 維持管理費節約・通年使用可能
 →湯無田をスポーツと文化の高原にして、湯布院を元気に!

★湯布院町防災無線談合損害賠償請求住民訴訟
 → 大分地裁で画期的判決
市が控訴したため、賠償額が1/4に減ってしまった。
2000年湯布院町アゴラ通信bQ
湯布院・由布市のお奨め
 湯平温泉 嬉し乃食堂  (ブログ)